気になるくすみの原因とその対処法

blog

こんにちは、まりあです♪

今回は、

『気になるくすみの原因とその対処法』
がテーマです。

 

年齢を重ねるごとに
気になり始めるお肌のくすみ。

 

不健康に見えたり
実年齢よりも老けて見えたり、

 

全然いい事ないですよね・・・

 

そんな厄介なくすみ肌の主な原因や、

 

対処法がわからず
困っている方も多いはず。

 

 

今日は、

 

そんな方の
悩みを解決していきますっ!

 

このくすみがなくなれば、

 

メイクノリが良くなる

✅肌が明るく若々しく見える

✅気分が明るくなる

などのメリットが。

 

 

お肌が明るくなって
実年齢よりも若々しく元気な印象に。

 

鏡を見るたびに、

イキイキとしたお肌だったら
つい気分も上がっちゃいますよね!

 

人間は目に見えたものに影響を
受けやすいので、

 

幾つになっても、

 

くすみのない綺麗で透き通るような
お肌は、
あなたに自信を与えてくれます。

 

 

くすみをカバーする必要も
なくなるので、

 

厚塗りにならず
メイクノリも良くなりますよ。

 

逆に、

『原因と対処法』を知らないと・・

 

一生くすみ肌に悩まされ、
老けていく一方です。

 

 

しっかりメイクをしても、

 

夕方には色黒い肌が出現して
一気に不健康顔に。

 

鏡を見るたびに、

 

20代前半の頃とはちがう
自分の老け込んだお肌を見て、

 

あったはずの自信すら奪ってしまう
ことも・・・

 

周りの綺麗な人と自分を比べて
ネガティヴになってしまったり、

 

原因と対処法が知らないまま、

憂鬱な人生を送り続ける
かもしれません。

 

 

そんな最悪の未来は

「どうしても防ぎたい」

 

いつまでも透明感のある
美肌でいたい方は、

この記事をぜひ最後まで
しっかり読んでくださいね!

 

そもそもくすみって?

 

肌のくすみとは、

本来の肌の明るさよりも顔全体が
暗く見えている状態です。

 

 

疲れて見えたり、

実年齢よりも老けて見られるなど
印象を与えます。

 

また、

 

特に夕方や夜にかけてお肌は
くすみやすく、

ストレスを感じたり

気分が落ち込むなどの症状も
あるそうです。

 

 

そして、

そんなくすみにも
様々な種類があります。

 

ここから先は、

その種類と原因について

もう少し詳しく解説していきます。

 

くすみの種類と原因

 

くすみには様々な原因が考えられ、
部分的、顔全体などに発生します。

 

 

くすみの種類は大きく分けて以下の5つ。

 

①乾燥型

乾燥によって肌の水分量が低下すると
肌の透明感が損なわれ、

顔全体がくすんで見えます。

 

乾燥しているせいで
肌のキメが乱れ、

本来の明るさを
失ってしまうのです。

 

 

②血行不良型

血行不良になると、

肌の血色が失われて肌は暗い
印象になります。

 

また、血流が滞ると
肌に栄養が行き渡らずに、

 

老廃物が溜まり顔全体が
くすんでしまいます。

 

 

③メラニン型

過剰に生成されたメラニンが肌全体に
蓄積すると、

日焼けをしたように茶色っぽく
くすんで見えます。

 

肌に溜まったメラニンは

通常ならターンオーバーとともに
排出されますが、

そのターンオーバーが
うまくいかなくなることで

メラニンが肌に蓄積されていき
くすみの現象が起こってしまいます。

 

 

④角質肥厚型

ターンオーバーの乱れによって
肌の表面に古い角質が溜まると、

皮膚が硬く厚くなるといった
角質肥厚が起こります。

これが原因で
光の透過性が低下して、肌の透明感が
失われてしまうのです。

 

そして肌がゴワつきくすみが
発生します。

 

 

⑤糖化型

老化現象の一つでもある、肌の糖化。

これは糖質を
摂取し過ぎることで起こります。

糖質の摂取しすぎにより
余分な糖がタンパク質と結びつき、

黄褐色のAGEsという物質を
生成してしまうことで、

肌に黄ぐすみがでてしまいます。

 

 

肌をくすませる様々な原因

 

✅紫外線

✅大気汚染

✅環境によるストレス

✅睡眠不足

 

紫外線によりメラニンが
生成されるので、

当然、シミとともにくすみも
できやすくなります。

 

 

また、PM2.5や排気ガス、
タバコの煙や花粉などの

大気汚染が肌の刺激となり、

バリア機能が崩壊されて
くすみやすくなってしまいます。

住む場所や地域によっても
紫外線、大気汚染の影響が異なるので

影響の大きい環境に長くいればいるほど
くすみやすくなるのです。

 

 

日本の女性は、

世界一睡眠が短いと言われていますが・・

 

実は睡眠不足は

肌のくすみに大きな影響を及ぼします。

24時間寝ないでいると
肌のくすみが増すことがわかりました。

 

そしてそのくすみは5日間も
続くそう・・・

 

 

実は睡眠不足になると、

”ビリルリン”という

黄色い色素が生成され、

それが黄色曇りとして肌に
現れてしまうのです。

 

くすみ解決のためにできること

 

✅しっかり保湿する

✅紫外線から肌を守る

✅角質ケアを取り入れる

✅美白スキンケアをする

✅生活習慣の改善

 

しっかり保湿する

まずは、

乾燥しないように
しっかり保湿をしましょう。

 

 

肌は水分を蓄えるだけでも
艶と透明感が生まれます。

 

化粧水でたっぷり水分を与えてから、
ん乳液、クリームで蓋をしましょう。

 

それから、

毎日こまめに水分を摂ることも
非常に大切ですよ!

1.5〜2リットルは
飲むようにしましょう。

 

紫外線から肌を守る

紫外線を浴びないように
対策しましょう!

 

 

紫外線は雨の日も曇りでも
一日中降り注いで、

室内にも入ってきます。

 

日焼け止めをしっかり塗って、

2〜3時間おきに清潔な手で
塗り直しましょう。

室内では
SPF30くらいのものが
オススメです!

角質ケアを取り入れる

あらゆるダメージを受けて
ターンオーバーが乱れると、

古い角質が溜まりやすくなります。

くすんで見える上に、
化粧水などの水分も浸透しずらい状態に・・

 

くすんでいるなと感じた時は、

スクラブや拭き取りローションで
角質ケアを行いましょう!

 

肌のトーンアップと滑らかさを
実感できます。

ただしやり過ぎると
逆にお肌のトラブルになりかねないので

週1〜2回程度に抑えましょう。

 

美白スキンケアをする

 

日焼けによるシミを防いでくれる効果が
認められているのが、

医薬部外品の美白美容液です。

 

 

メラニンに対して
アプローチが期待でき

隠れジミや隠れメラニンに
働きかけることで、

透明感のある肌に導きます。

 

保湿効果のある
美白美容液がオススメですよ!

くすみとともに、
乾燥も防いでくれます。

生活習慣の改善

睡眠不足は美肌の大敵です!

しっかりと睡眠時間を確保して
質にもこだわりましょう。

 

 

食後すぐに寝ると
消化がしにくくなるので、

寝る3時間前に食事は済ませましょう。

 

また、湯船に浸かって
その日の疲れを取ったり、

ストレッチで体をほぐすと
よく眠れます。

 

 

スマホのブルーライトは
覚醒作用があるので

寝る1〜2時間前は

使用をなるべく控えると良いですよ!

階段を使ったり、一駅歩いたり

日常の中でできるちょっとした
運動なども取り入れると良いですね。

 

 

また、

甘いものが食べたくなったら
カカオ70%以上のチョコレートか

フルーツがオススメです。

最初は70%だと苦く感じますが、

慣れるとそれで満足できるように
なってきます。

美しい美肌を保つために、
ぜひ取り入れて見てくださいね!

今回はここまで。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回はくすみの原因とその対処法について
お話ししました。

難しいことはなく、

意外と誰でも簡単に取り入れられるような
ものだったと思います。

 

くすみの原因は様々なので、

まずは自分のくすみ肌が

何が原因なのか?

探ってみることが大切ですよ。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

PS

私の公式LINEでは、

メイクに限らずスキンケアや美容の
情報も定期配信しています。

今なら無料でお悩み相談
受付中なので、

悩んでいる方はぜひ
私の公式ラインを活用してくださいね。

 

ご登録はこちらから

LINE Add Friend

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました