アラサー女子必見!乾燥に負けないうる艶ベースメイクの作り方

blog
こんにちは、まりあです♪

今回は【乾燥に負けないうる艶ベースメイク】
について解説していきます。

画像

アラサーのみなさん。
最近の乾燥具合、やばいですよね・・・

しっかり保湿しているつもりでも
気づいたらパキパキなんてこと
ありませんか?

✅ほうれい線や小鼻にファンデが溜まる・・
✅粉っぽくなったフェイスライン・・
✅目元の小じわが目立つ・・

こんな経験一度はあるかと思います。

画像

上記を理由に
「メイクが楽しめない」
「どうせ崩れるからファンデしたくない」
という方は結構います。

しかし!!
ここで諦めて何もしないままでは

一生その悩みに苦戦し続けることに。

画像

デートや大事なイベントで
綺麗なお肌を見せたいけど

「メイクよれが気になるしな・・・」

と不安に思いながら、
綺麗なお肌でお出かけしたくてメイクする

・・・案の条ヨレてお肌はパキパキに。

それではせっかくの休日や大事な日も
楽しめませんよね泣

乾燥によるメイク崩れが気になりすぎて
何度も直しに行く。

それ地味にめんどくさくないですか?

画像

今回は、

そんな最悪の未来を防ぎ

アラサー女子のお肌を一日中
うる艶に仕上げる方法を伝授するため、

私はこのnoteを書き上げました。

画像

あなたもこの方法を知れば

乾燥にも負けない
艶のあるお肌を維持することができ

大事なデートでも彼に
「お肌ツヤツヤだね!」

と褒められるように♡

画像

誰かと近距離で話していても
「今の私メイク大丈夫かな・・・」

なんて気にすることなく
自信を持って接することができますよ♪

メイク崩れしにくくなるので

何度もお手洗いに行って
メイク直しする手間が省け、

ストレスも激減しちゃいます!

画像

「でもそれって高度なテクニックが
必要なんでしょ?」

そう思った方、心配いりません!

誰でもできるように
わかりやすく解説していくので

安心してくださいね♡

画像

クリスマスまでに
乾燥によるヨレヨレメイクを脱して、

本気でうる艶肌を手に入れたい方は

しっかり最後まで読んでくださいね♪

それでは
大事な時間を割いて

本noteを読む時間にしてくれた
あなたのために

全力で解説していきます!!!

肌が乾燥する理由とは?


画像

そもそもなぜ肌が乾燥するのでしょうか?

それは・・・

※『バリア機能の低下』にあります。

バリア機能が正常な状態では
肌の水分が保たれているので

アレルゲンなどの外部刺激から
肌は守られています。

※バリア機能=肌の保護的役割を持った機能のこと。

画像

しかし、このバリア機能が低下すると

肌が乾燥しやすくなって、
刺激も受けやすくなるんです。

なのでまずは、
バリア機能を崩さないように

紫外線対策やスキンケアを見直すこと、
食生活や睡眠にも気を使ってみてください。

画像

実は乾燥知らずのベースメイクは
スキンケアから始まっているので

今回はスキンケアのやり方から
お伝えしていきますね!!

スキンケア


まずは清潔な手で洗顔します。

画像

手にはたくさんの雑菌が
付着しているので

そのまま顔に触れると肌トラブル原因に💦

なので顔に触れる前は
必ず手を洗いましょう!

洗顔後はすぐに化粧水を塗布したいのですが
最初はミスト化粧水を吹きかけます。

画像

なぜミストなのかというと・・・

化粧水を染み込ませやすく
するための土台の役割があるからです!

画像

洗顔してから、部屋まで戻って
スキンケアする方もいますよね?

肌はとても乾きやすいので
少しの間でも保湿しておくことを
心がけてくださいっ

その場ですぐに化粧水を使う場合は
なくても大丈夫。

画像

化粧水は量が大切です!

たっぷりと手にとって
バシャバシャ使っていきます。

顔全体が十分に濡れるくらいが目安
(手から化粧水がこぼれるくらい)

そして両手でしっかり包み込んで
手の温かさで浸透させていきます。

画像

この時押しつけずに
優しく手のひら全体が密着するように
してください。

お肌のみずみずしさの鍵を
握るのは、化粧水ですよ!!

適当に終わらせずにしっかり
塗布してくださいね。

画像

頬はもちろん、おでこや顎
顔の広い部分にのせたら

目のきわや小鼻の周り、
口元などにもしっかり塗っていきましょう。

指先だけでなく手のひら全体で
塗り残しがないように

十分に化粧水を行き渡らせてくださいね。

画像

続いて美容液

美容液にはこの後のメイクに大切な
艶を出す役割があります。

肌を守り潤いを与えるだけじゃないんです!

なのでこの段階でモチっとした
肌の状態になるのがベスト。

画像

艶がでない方や
くすみが気になる方は

美容液よりも
美容オイルを使ってマッサージすると

血行も良くなり透明感と
艶も出ると思います♪

画像

美容液に関しては少し良いものを
使用しましょう。

あまりにも安すぎても
効果が期待できないので、

手が届く範囲で
少し贅沢なものを使うと
効果も出やすいです。

画像

美容液の効果を最大限に
引き出すにはやはり手つきが重要です。

量は規定の量の1,5倍くらい。

それを化粧水と同じく
細部まで逃さず

顔全体に塗ってください♪

画像

そんなに塗ってテカらないか?

と心配になる方もいると思いますが
テカリとは艶がムラになった時のことを
いいます。

塗り方にムラがでるとテカリに
見えるのです。

なのであなたの手つきが重要なのです。

ムラができないように
しっかりと丁寧に塗布してください。

画像

最初は時間がかかっても
手つきさえ身につけてしまえば簡単です。

続けることで上手にできるようになりますし
光り輝く艶を手に入れることができますよ♪

お次は乳液☺︎

ここではなるべくUVケア入りの
ものを使ってください。

最近のUVケア乳液はレベルアップしていて
クオリティーの高いものばかりです。

下地やファンデーションにも
入っているものが多いですが

スキンケアでもしっかり紫外線対策は
しておきましょう!

画像

最後にクリームです。

つけすぎずに、しっかりお肌に油分を
与えるイメージで両手で包み込みましょう。

そして1番重要なのが・・・

肌の表面チェック。

ベトベトしすぎていないか
ムラはないかなど・・・

手の甲で触ってチェックします。

画像

手の甲を使い、
”触って離す”をしたときに

ぺとっとする感触があればオッケー!

ベトベトした感じがあれば
ティッシュで軽く抑えましょう。

メイクをする前に、

時間があれば2〜3分ほどおくと
より崩れにくくなります。

画像

ちなみに
脂性肌の方は
朝はクリームを使わない方がよいです!

ベトっとしてしまい
ファンデーションが乗りにくくなってしまうので
メイク崩れの原因になります。

画像

ツヤ肌メイクアップ


それでは、スキンケアが
整ったところで、

早速メイクに取り掛かりましょう!

まずは下地です。

下地は美しいメイクを維持するために
とても重要な役割があります。

画像

お肌のトラブルに合わせて
部分的に使っていくのがおすすめ♪

下地の種類を詳しく
説明したいところなのですが、

今日はツヤ肌メイクに欠かせない下地のみを
ご紹介していきますねっ

画像

ツヤ肌と言っても
テカる部分はテカる。

しっかりスキンケアも行ったので
崩れにくくはなっていますが

やはり下地なしでは難しいところ・・・

そこで使いたいのが

皮脂防止下地です♪

画像
KOSE メイクキーププライマー

おでこから小鼻にかけてのいわゆるTゾーンは
皮脂腺が多く、テカリやすいです。

さらにお化粧くずれしやすいので
下地をパール一粒手にとり、

馴染ませるように
Tゾーン、鼻の中心まで
伸ばしていきます。

画像

この時、

小鼻の部分はファンデーションが
溜まりやすいので

くるくるしながら少量ずつ
丁寧に毛穴に入れ込んでいきます!

やさ〜しく。

力は入れちゃダメですよっ

画像

テカリ防止下地を塗布したら、

次は艶のでる 保湿下地を全体に塗布していきます。

この時もパール一粒の量を
守ってください。

足りなければ足していきます。

※下地は混ぜても問題ないので
この上からさらに下地を重ねても大丈夫

つけすぎだけは気をつけます。

画像
CEZANNNE UVウルトラフィットベースEX
画像
KANSOSAN

薬指と中指の第一関節で
下地を温めてから

顔の中心から円を描くように
外側に広げていってください♪

それから

鼻の側面→口周りにも優しく塗布。

その後にタッピングをしながら
外側に伸ばしていきますっ

おでこにも
ほんの少量を中心につけたら
徐々に外側にタッピングウ〜

画像

そして”指に余ったもので”

小鼻の横や口周りの際にトントンっ
瞼の上、下にも優しく塗布。

最後に、顔と首に色の境目がないか
確認してくださいね!

(顔だけ真っ白防止)

あれば首元上2センチほどの所まで、
フェイスラインに馴染ませるように下地を
少量塗布してください♪

最後にスポンジで軽く全体をタッピングすると
より密着して崩れにくくなります!

画像

お次はファンデーション♪

ファンデーションは艶が出やすいものを
チョイスしてください。

クッションタイプ
リキッドタイプ
クリームタイプ

などがおすすめです♡

画像

ファンデーションを塗布する際は
指とスポンジを使っていきます。

パール一粒の量を手の甲にとり、

指で画像の赤点に置いたら
一度優しく広げます。

その後空気を含ませるようにして
人差し指と中指でタッピング☺︎

画像

全顔に同じ量を塗ってしまうと

顔がのっぺりして大きく見えてしまうので

中心カバー×フェイスラインは薄づきに

これを意識して下さいね♪

画像

コンシーラーは
あってもなくても大丈夫。

遠目から見て目立つ部分だけを
カバーしてあげて下さい。

チークはこの段階で仕込んでいきます!

クリームタイプがおすすめですが

なければパウダーでもOK!

画像

気持ち少し濃いめに色を乗せていきます。

※塗る量が多すぎても
厚塗り感が出てしまいますが、
少なすぎても時間が経つと消えてしまうので
程よく色付くくらいに色をのせます。

中指と薬指を使い、ポンポンっと。

画像

パウダーなら
筆を寝かせるようにして♪

この時鼻先や顎先にも
ほんのちょこっと色を入れると、

血色感が出て、女性らしくなります♡

デートの時などにやってみて下さいね!

画像

お粉は部分的に入れていきますが、

まずはパフにお粉をたっぷりとつけて
クシュクシュしたら

半分に折り曲げて

崩れやすい小鼻の横や、口の際

そしてパンダ目防止に
まつ毛と目尻の際にお粉を乗せます。

画像

おでこや頬は

かる〜いフェザータッチで

優しく押えて下さい。

ここで一度、

化粧くずれ
防止ミストを吹きかけます!

画像

乾いたら、ハイライト。

・眉下
・目頭→そのままスッと斜めにぼかす
・頬骨に斜め
・鼻筋1番上
・鼻筋ほんのちょこっと
・鼻先チョンっ
・顎下チョンっ
小鼻の横にもほんの少し輝きを
集めるためにハイライトのせてください!

画像

ここに少し入れることで
自然な光を演出して

パッと華やかな印象になります♡

画像
小鼻横にハイライト

そして最後に!!!
化粧水ミストを軽く吹き掛ければ

完成です♡

いかがでしたか?

今日からできることばかりなので
ぜひすぐにでも取り入れて、

崩れないベースメイクを
自分のものにしてくださいね!

画像

それから、

お出かけ時の乾燥対策として

ミニタイプの化粧水ミストや
美容オイルを持ち歩くと良いですよ♡

画像
オイルは1滴を手で馴染ませてから使用して下さい。
塗りすぎ厳禁です!

ベースメイクに関しては

よければこちらの記事も
合わせてお読みください♪

毎日のお化粧がもっと楽しくなるような

かつ美しくなれる情報をこれからも
発信していきますっ♡

最後までお読みいただき
ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました