そのメイクヨレ、ファンデが原因かも!ファンデーションの種類と正しい選び方

blog
Foundation makeup products on pink background. Decorative cosmetics

こんにちは、まりあです♪

 

今回は、

『ファンデーションの種類と選び方』

についてお話しします。

 

 

あなたは今、

自分が使っているファンデーションが

「肌に合っている!!」

 

そう断言できますか?

 

できる方は、この記事は読まなくても結構です。

 

逆に「ちょっと自信がないかも・・」

 

そう思った方は、大いに読む価値ありですよ。

 

今回の内容を
しっかり理解していただければ、

 

もうファンデーション選びに
困ることはありません♪

 

 

肌トラブルをカバーして、

綺麗に見せるために欠かせない

『ファンデーション』

しかし、

あまりにも種類がたくさんあって

「選び方や使い分けが難しい・・」

 

と悩んでいる方も
多いのではないでしょうか?

 

自分に合ったものがわからず、

 

とりあえず良さそうなものや

ネットでバズっているものを
試してみる。

 

だけど肌に合わなかったり

くすんで見えたり浮いてきたり・・・

 

気づけば使いかけのファンデーションが

ポーチの中に何個もあって。

 

この経験、
きっと私だけじゃないはず・・

 

 

メイクでは、

土台となるベースが命です。

 

肌質に合わない下地やファンデーションを
使っていたら、

 

老けて見えたりヨレやすくなったり

最悪の場合、

肌が荒れてしまうかもしれません。

 

 

そうならないためにも、

ファンデーション選びは
とても重要になってきます!

 

自分に合ったファンデを使えば、

 

よりベースが綺麗に仕上がり

メイクヨレもしにくくなりますよ。

 

ベースが綺麗になることによって

若々しくみえ、気分も上がります。

そんな自分を見たら

ファッションももっと楽しめたり

今まで以上に
メイクが好きになることでしょう!

 

 

逆に

「何を使っても別に変わらないでしょ」

 

とこの先も適当に選んでいては、

老け顔まっしぐらです。

 

「綺麗に見せたい」

そんな思いとは裏腹に

 

ヨレヨレでカサついた肌から

一生抜け出せません・・・

 

 

 

そんな未来を現実にしないために

 

正しいファンデーションの選び方が
知りたい方は、

 

このまま読み進めてくださいね♪

本題に入ります。

ファンデーションの種類とは?

 

ファンデーションの種類は5つあります。

①パウダータイプ
②リキッドタイプ
③クリームタイプ
④クッションタイプ
⑤ミネラルタイプ

 

 

一つずつ説明していきますね!

 

パウダータイプ

パウダータイプは

きめ細やかなパウダーが肌に密着して

毛穴や色ムラなどの
肌悩みをカバーしてくれます。

ささっと塗れるので、
お直しや時短メイクに向いています。

 

 

パウダーファンデーションには
2種類あって

 

「プレストタイプ」

粉をプレスとした固形状で
マットに仕上がります。

「ルースタイプ」

粉のままの状態で
ふんわりとナチュラルに仕上がりますが

カバー力はやや低め。

 

 

リキッドタイプ

とろっとなめらかなテクスチャーのものから
コックリとしたものまで様々です。

 

 

水分と油分がバランスよく
配合されています。

 

ファンデーションの中でも
特に肌馴染みが良くて

伸びも良いのが魅力です。

潤いのあるツヤ肌が作れます!

 

比較的カバー力も高く、
肌を綺麗に見せてくれます。

人いよっては

「付けている」

という感覚が苦手な方も。

 

 

クリームタイプ

コッテリとクリーミーな
質感をしているのが

クリームファンデーションです。

 

 

 

チューブやジャーなどの容器に
入っています!

 

ファンデーションの中でも

油分の多いタイプで

高い保湿力と、
カバー力が特徴的です。

 

 

肌の密着力もあり
メイクもより持続してくれます。

 

クッションタイプ

パウダーとリキッドのメリットを
兼ね備えた機能的なタイプのファンデ。

 

 

ケースの中に液状のファンデーションを

含んだスポンジが設置されており、

 

専用パフで肌に塗布していきます!

 

カバー力が高く、

艶のある印象にしてくれます。

時短メイクにも人気のファンデーション。

 

ミネラルタイプ

 

 

ミネラルタイプは使用している成分に
特徴があります。

主に天然由来の鉱物を原料にしており

 

パウダーやリキッド、

クリームやクッションなど
タイプは様々です。

 

クレンジング不要で
石鹸のみでオフできるものが多く

 

肌への負担や刺激になりにくいのが

特徴です!

 

 

カバー力は弱いですが

軽い付け心地で程よい素肌感を
演出してくれます。

 

ファンデーションの種類が
わかりましたね!

次はどうやって自分に合った
ものを選んだらいいのか?

 

選び方についてお話ししていきます。

ファンデーションの選び方

 

選び方としては、

肌タイプに応じたファンデーションを
使用するのがオススメです。

 

 

それぞれの肌タイプの特徴と、

それに適したファンデーションの種類について
解説していきます。

 

普通肌

 

肌の水分と油分のバランスが取れているのが

普通肌です。

 

肌荒れや乾燥など、

トラブルがあまりないので
基本的にどのファンデーションも

快適に使えます。

 

メイクの仕上がりに合わせて
ファンデーションの種類をきめる選び方が
オススメです。

 

ただし、体調や季節などによって

肌悩みが出ることもあるので

その時の肌状態に合わせて選ぶこと
意識してみてくださいね。

 

 

乾燥肌

乾燥肌の方は、

肌の水分と油分がともに
不足している状態です。

 

カサつきや、
つっぱりなどの悩みが多いです。

 

乾燥肌におすすめなのは

リキッドタイプ・クリームタイプの
ファンデーションです。

 

 

肌の潤いを保ってくれるます。

乾燥肌の方は、
比較的水分や油分のないパウダータイプは
避けた方が良いです!

脂性肌

皮脂の量が過剰でテカリが目立ちやすいのが
脂性肌の特徴です。

綺麗にメイクをしても、

時間が経つと肌がベタついて
メイクがドロドロに・・・

といった悩みが多いです。

 

 

そんな脂性肌の方には、

サラサラな仕上がりになる

パウダーファンデーションが
オススメです。

 

パウダーが余分な皮脂を
吸着してくれるため、

 

美しいメイクの仕上がりを
より持続してくれますよ。

 

逆に、

リキッドやクリームなどの
油分が多いタイプは避けた方が◎

 

混合肌

混合肌の方は

乾燥と脂性肌の
両方を併せ持ったタイプです。

 

 

頬や目元は乾燥するけど

Tゾーンや小鼻はテカリが気になる。

といった状態です。

混合肌の方にオススメなのは

しっとりしたタイプの
リキッドファンデーション♪

テカリやベタつきが気になる部分には
テカリ防止下地を塗り、

ファンデーションの量を少なくするか
部分的にパウダータイプを使うのも

オススメです。

 

ファンデーションには
いろんなタイプがありますが、

 

まずは自分の肌質を
しっかり理解して

ファンデを選ぶことによって

ベースの持ちや仕上がりも
変わってきますよ!

今日はこのへんで♪

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は、

ファンデーションの種類と
正しい選び方をご紹介しました。

 

もしあなたが

すぐメイクがよれてしまう

という悩みがあれば、
一度ファンデーションを見直して
みてくださいね!

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました♪

 

ps

もっと美容やメイクについて知りたい!

そんな方はぜひ私の公式ラインをご登録
してくださいね。

日々使える役立つ情報を
定期配信中です。

ご登録はこちらから

LINE Add Friend

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました